ご挨拶

インテリアデザイナーのフナピです。

現在は都内の小さな工務店に勤めて店舗などのデザインをしています。

自己紹介も兼ねて、最初の記事はインテリアデザイナーになるまでを振り返ってみます。紆余曲折遠回りな遍歴に親近感を持ってもらえたらと思います。

私はもともとパティシエ・チーズ屋・ホテルのセルヴィスなどの仕事をしておました。インテリアデザインは全くの畑違いでしたが、あるきっかけがありゼロスタートから学校で学び直した後、キャリアチェンジをしました。

通った学校は「町田ひろ子アカデミー」です。インテリコーディネーターをゼロからプロにまで育ててくれることで有名な学校です。卒業してみて思いますが、この学校は本当に凄かったですよ。授業時間外の課題の量が半端なく多く、並行して進めるものもあり優先順位を付け自分のスケジュールをマネジメントする能力が試されます、そして自ずと養われます。必ず期限に間に合わせる。何があっても間に合わせる。プロならば当たり前のこの厳しさを、とことん叩き込まれた学生時代でした。

学生の間は電気設備設計の会社でアルバイトさせてもらった後、ハウスメーカーにCADオペレーター派遣社員として勤務させてもらいました。もちろんCADオペも初めてでしたので、会社でも誰も経験者のいない新品のArchitrendと一人で睨めっこの日々。。それでも仕事は構わず降ってくるもので、ソフトを触り始めて2週間後には最初の内観パースを気合いと根性で形にしました。結局そちらの会社では1年半ほどお世話になり、私のお仕事の土台の大きな1ピースとなっています。デイタイムはガンガンパースやプレゼン資料を作り、ナイトタイムは学校のインテリアの課題というハードな2年間の末、この工務店にたどり着き、ようやくスタートが切れました。

このブログの目的は
・工務店ならではの現場で学べる知識の整理のため
・インテリアが好きな人に、トレンドやアイディアを提供したい
・インテリアデザイナーを目指したい人に役立つ情報を届ける
・私のことを知ってもらうため
こんな感じです(^^)せっかくの経験や知識が幅広い方々のお役に経ちますよう、更新頑張っていきますので、よろしくお願いいたします

先日、コロナ流行の少し前に神戸を訪れた時の一枚。
素敵なヨーロピアンな建物がいっぱいでした。
また自由に旅に出られる日が訪れますように!!

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

タイトルとURLをコピーしました