手書きパースの魅力|上手になりたい

私はパースを描くのが好きです!!!!
インテリアデザイン業務の中で、作ろうとしている空間の全貌が見えてくる
このステップが楽しいです♪

しかし、できればCADを使いたいのが本音の本音。
手先が超大胆な性格なので、余計なところまでつい線を引っ張ってしまったり
違うところまで消しゴムをかけてしまったり。
カラーペンも、ま〜〜はみ出すわはみ出すわ。。。
そして、修正できない大失敗をしたら、やり直し(ニッコリ)

その点パソコンは、良いものですよね。
Ctrl+Z で一歩前に戻れるし Ctrl+Y で進めもするし
ちょっと思い切ったことする前にはもう一つ保存しておけばいいし
何をモグモグしながら作業してもどこも汚さないし(小声)

これ、経験ある人居ますかね。
しばらくPCやCADでばかり作業した後に
現実世界での小さなミスした瞬間

頭ん中 Ctrl+Z でいっぱい。
左手がそれを押したくてカタカタ動いちゃってる。

これ末期なので気をつけてくださいね(経験者は語る)。
現実世界では取り返しがつかないということを忘れてる状態です。

話が逸れましたが、手描きならではの良さも、もちろんあります。
・慣れれば速い!!
・お客さんの前で説明しながら描くとかっこいい!
・心が込もってる感じが伝わりやすい!

ということで、仕事ではもっぱらCADパースですが
在学中に汗水垂らして描いた、へっぽこパースをこちらでご紹介させていただこうと思います。

ベットルーム。卒業前くらいなので、ミラーとか、テカテカの大理石とか、
わざわざコーブ照明のドームまで付けてみたり、結構盛り込んでます(笑)
コツは、手前を濃く、奥を淡く。これだけで結構立体的になります。

LDK。北欧モダンのイメージです。
ヘリンボーンが歪んでしまっているのはご愛嬌(笑)

バスルーム。どうにも透明感や艶を表現するのが好みのようですね。
窓も勝手に前面にしてしまったのですが、ステーやクローザーが見当たりませんね。これが現実なら窓、バターーーンと閉まります。めっちゃ危ないです・・・。
完全に海沿いの別荘のイメージで、水平線と岩場の風景に。
浴槽は手前に傾いているデザイン!これは元から歪んでるのです!笑
どうでも良いですがマルセイユのオリーブ石鹸だけはかなり上手く描けてると思います。

こちらは色違いで2回彩色しました。
1回目が下のピンクでしたが、何だか気に入らず・・・。
同じ形でも、色の違いだけでシャビーエレガントになったり北欧ポップになったりしますね。

これは、ダンディ和モダンという難しいコンセプト設定にしたときのLDK。
もっと濃淡と、ペンの太さをくっきりさせたかったかな。

あとは、トレーニングとして椅子のスケッチもよく描きました。

いや、字が汚っ・・・・・!!!衝撃的な余裕の無さ。

まだまだあったのですが、行方不明です・・・。

私が学生時代に描いた手描きパースたちでした!
今も本気出せばこのくらい描けるのかな・・・?

また練習しなくては、いざという時困っちゃいます。
次の週末はスケッチ三昧です!!
名誉挽回のため、今度はCADパースもご紹介します(キリッ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました